blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 「有明海のなぜ?」シンポジウム(3月31日予告) | main | 2010年3月のページ別アクセス数 ベスト10 >>
活動紹介:耳納ねっと!
0
    1.団体の名称:耳納ねっと!
    2.会員数:196人
    3.団体代表者:佐藤 定文(さとうさだふみ)
    4.団体連絡先:
    (住所)〒839−1321 うきは市吉井町富永2006−1再生工房
    (TEL/FAX)0943−76−2077
    (E-mail )info1-mn@uk-kankyou.jp
    (ホームページアドレス)http://minou-net.uk-kankyou.jp/
    5.事務局連絡先:同上
    6.設立の目的:
    ・本組織は環境・廃棄物問題に関心のある人たちとの連携のなかで、環境への負荷の少ない循環型社会の構築と発展を目指し、将来に向けてより良い環境保全がなされるよう地域住民参加による自主的な様々活動を行い、広く公益に寄与することを目的とする。
    7.設立の経緯:
     平成16年9月1日に「耳納クリーンステーション」が竣工し、同時に住民組織のボランティア団体として「耳納ねっと!」を設立した。当団体は住民と行政の連携・協働による循環型社会形成へ向けた活動母体として、スタートした。「耳納クリーンステーション」建設までの道のりに於いては、立地選定をはじめ安全性や環境への様々な影響等、多岐にわたる討議と検証を行政と住民間で重ねてきた。特に日常生活を取り巻くゴミの減量化や、リサイクルへの取り組み等、生活者の視点から継続的に活動を実施していくための交流拠点として「再生工房」を位置づけ、「先ず、出来ることから一歩ずつ...」をモットーに、手探りながら始動した。平成21年4月1日からは再生工房の管理に係わる指定管理者の指定を受けている。
    8.活動実績
    ●再生工房ではリサイクルを目的としたものづくり教室を開催している(受講生数はH20年度実績)
    ・手芸関連教室2,845人 
         布リフォーム教室・布ぞうり教室・裂き織り教室
         パッチワーク教室・一閑張り教室等
    ・3Rクッキング教室 433人 
         食材を使い切る/ガス代・電気代節約エコクッキング教室、
         郷土料理・伝統料理など
    ・木工教室 251人 
         廃材を使ったプランター教室、額縁プランター教室、
         木工教室開放日等
    ・ダンボールコンポストなど生ゴミ堆肥化指導教室 約400人
    ●例年の行事等:
    2/10〜4/3 耳納ひいな展
          5月下旬耳納ねっと!フリーマーケット
          リユース/アンティーク家具入札抽選会
    8月 夏休み親子体験教室
    10月 リサイクル手芸作品展示会
    11月下旬 耳納ねっと!フリーマーケット
         リユース/アンティーク家具入札抽選会
    10〜11月 うきは市内のイベントに参加して
         リサイクル作品づくり体験など企画
    ●耳納ねっと!通信発行 年4回
    ●館内常設:
    リユース家具・リユース服・リユース書籍販売
    リサイクル手芸作品展示即売
    9.活動の様子:
    フリーマーケット
    耳納ねっとフリマ
    リフォーム教室
    耳納ねっと工房
    リサイクル手芸作品展示
    耳納ねっと館内
    | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/1097554
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ