blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動の紹介:特定非営利活動法人 大川未来塾 | main | 筑後川大学(市民公開講座)最終回「筑後川シンポジウム」3月13日の予告 >>
活動の紹介:特定非営利活動法人 筑後川流域連携倶楽部
0
    九州河川NPO交流会議の参加団体の紹介です。
    1.団体の名称:特定非営利活動法人 筑後川流域連携倶楽部
    2.会員数:  167 人 (個人145、団体22) 
    3.団体代表者: (役職):理事長  (氏名) 駄田井 正 
    4.団体連絡先:
    (住所)〒830-0018 福岡県久留米市通町6−17日栄ビル3F
    (TEL)0942-33-2121 (FAX)0942-33-2121
    (Eメール)kic@kurume.ktarn.or.jp
    (ホームページアドレス)http://ccrn.jp/ ブログ:http://blog.ccrn.jp/
    5.事務局(連絡)担当: 
    (役職) 事務局長  (氏名) 鍋田康成 
    (住所)〒839−0863 福岡県久留米市国分町1986−4メイプルハウス202
    (TEL)0942-21-9311 (FAX)0942-21-9311
    (Eメール)ppnpf822@yahoo.co.jp
    6.設立の目的:
    本倶楽部は筑後川流域圏における地域連携を深めるための情報交換と人的交流を促進し、流域圏における環境の向上・文化の発展に寄与することを目的としている。
    7.設立の経緯:西暦1999年設立 
     本倶楽部は筑後川流域圏において、環境の保全、文化の振興や経済の活性化などに取り組むグループや個人のネットワークである。筑後川流域圏においてこのような連携・ネットワークができあがったのは、直接的には筑後川フェスティバルの開催と久留米大学産業研究所がはじめた筑後川流域圏の総合的研究に求められる。筑後川フェスティバルは今から20年前、大川市で始まった。久留米大学産業研究所での筑後川流域圏の総合的な研究も、ほぼ同じ時期に始まり、筑後川フェスティバルでもシンポジウムやフォーラムを開催して、その結果を発表してきた。フェスティバルの実行委員会と久留米大学の研究グループは、流域圏の環境を保全し、文化を振興し、経済を活性化するには、流域の連携が不可欠であり、それの核になるような組織が是非必要であると痛感し、本倶楽部を設立するに至った。
    8.活動実績:
    1999年 県よりNPO法人の認証を受ける。筑後川流域新聞創刊(11月)     日田市の「水の森」の活動始まる。筑後川フェスティバル実施
    2000年 筑後川新聞の発行、クリーンアップ筑後川実施、地域通貨カッパ
    マネーの発行、社会貢献カード「筑後川カード」発行
    筑後川流域連携シンポジウム開催、筑後川フェスティバル実施
    2001年 「筑後川まるごと博物館」発足。筑後川新聞発行、
    第9回全国水環境交流会及び九州川のワークショップ開催、
    筑後川フェスティバル開催
    2002年  筑後川新聞年6回の発行、筑後川フェスティバルの開催、
    筑後川まるごとリバーパークモニターツアー実施
    2003年  筑後川新聞年6回の発行、筑後川フェスティバルの開催、
    筑後川まるごとリバーパークモニターツアー実施
    2004年 筑後川新聞年6回の発行、筑後川フェスティバルの開催、
         筑後川まるごとリバーパークモニターツアー実施
    2005年  筑後川新聞年6回の発行、筑後川フェスティバルの開催、
    筑後川まるごとリバーパークモニターツアー実施 
    2006年  筑後川新聞年6回の発行、筑後川フェスティバルの開催、
    筑後川まるごとリバーパークモニターツアー、吉野川との交流
    2007年 筑後川新聞20000部年6回の発行、筑後川フェスティバルの開催、
    筑後川まるごとリバーパークモニターツアー、吉野川との交流 
    【受賞歴】
    2002年 全国川の日ワークショップ(東京都)でグランプリ受賞
    2003年 第4回九州川の日ワークショップ(宮崎市)で西日本新聞社賞
     (昭和28年大水害写真展)
    2005年 全国地域づくり誌コンテストで最優秀賞(筑後川新聞)
    9.活動の様子:

    ●九州河川NPO交流会議の参加団体で広域に案内したいイベントなどがありましたらそのデータを次のあて先へメールしてください。
    このブログで案内していきます。
    Eメール:
    ppnpf822@yahoo.co.jp
     筑後川まるごと博物館運営委員会
    | tikugogawa | 九州河川NPO交流会議 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/1170666
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    このページの先頭へ