blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 筑後川大学2011<筑後川が育んだ歴史と文化>毎月1回の講義・受講生募集中(無料) | main | 夏休み自然体験学習・参加者募集中!「ちくご川の自然まるごと探検隊」(筑後川まるごと博物館運営委員会) >>
第2回有明海再生講演会(6月25日予告)
0
     イベントの予告
    情報提供: NPO法人筑後川流域連携倶楽部みらいの森里海研究会
    第2回有明海再生講演会

    「日田の森は有明海の魚附き林」
       〜東北震災復興チャリティ講演〜
    ●開催日時:2011年6月25日(土)
                           1300分(開場12:30)〜1700
    ●会場:大分県日田市民文化会館「パトリア日田」小ホール
    ●入場無料
    ★企画の趣旨 

    我が国は世界的に見て、類い稀な森の国であり、海の国である。この両者は2万本以上の川で結ばれ、計り知れない恵みをもたらされてきた。しかし、この森と海のつながりは、流域に住む人々の経済効率最優先とあくなき物質文明の追求により分断され、人と人のつながりや人々の心の豊かさまで失くしつつある。その典型を有明海に見ることができる。

    古来、岸辺の森は海の生き物を育む存在として大切にされてきた。つまり、日田の森は有明海の“魚附き林”なのである。折しも日本は未曾有の大災害に見舞われ、国民の総意による復興と言う極めて大きな課題に直面している。この大地震の直撃により再起不能と言えるほどの被災を受けた森は海の恋人運動の推進者、畠山重篤氏をお迎えして、森と海のつながりを根幹に据えた森里海による“日本新生”の道を考え、大分県日田市から森と海がともに生きる今日的意義を全国へ発信しよう。

    ●日時:平成23年625日(土)1300分〜17時00分
    ●場所:大分県日田市民文化会館「パトリア日田」小ホール
         (日田市三本松1丁目8番11号 TEL0973-25-5000)
    ●主催:大分西部流域林業活性化センター・
         みらいの森里海研究会

    共催:ひた水環境ネットワークセンター・
         NPO法人森と海の共生
    ネットワーク
          日本文理大学・
    螢肇薀ぁΕΕ奪鼻
          NPO日本の杉桧を守る会
          牡蠣の森を慕う会・国際海洋研究所・
             NPO
    法人森は海の恋人・
             NPO法人有明会・メカジャ倶楽部
    ●後援:
    大分県・日田市・三井物産環境基金・
         朝日新聞社・西日本新聞社・大分合同新聞社・
         日田漁協・
    下筑後川漁業協同組合・
       有明海を育てる会・日本野鳥の会筑後支部・
       NPO法人筑後川流域連携倶楽部
    一部予定)

    ●プログラム
    13
    001320 開会:総合司会 梶原元美

     開会のことば:堤弘崇(みらいの森里海研究会代表)

     挨拶:広瀬勝貞(大分県知事)、佐藤陽一(日田市長)
    13201450 第吃堯ヾ霙換岷

     畠山重篤「東北沿岸漁業再興と『森は海の恋人』
                            〜海を恨む気持ちはない〜」
    15001520 第局体験発表
      『三隈川発、水をめぐる探検!』

      日田市立日隈小学校5年生
          〜日田市日隈公民館「
    2010三隈川サミット」より〜
    15201530 休憩
    15301640 パネル討論 
     (コーディネーター)田中 克(京都大学名誉教授)

    (パネラー)
       佐藤 陽一(日田市長)(森と水の町づくり)

      諫本 信義(NPO法人森と海の共生・ネットワーク)
                 (豊かな海を育てる森の役割)

      堂村 亜紀子(螢肇薀ぁΕΕ奪)
                 (林業再生への展望)

      平方 宣清(有明海潜水漁師)
                 (有明海漁業再生への思い)

      菅 節子(日本文理大学)(大学教育と森里海連環)
    16401700 フロアーとの対話
    1700 閉会の挨拶:
        小川裕三(大分西部流域林業活性化センター副会長)

    同時開催:有明海ミニ写真展(写真家・中尾勘悟)、
         有明海の生物展示(キレートマリンの水槽展示)

        日の丸産業のキレートマリン展示コーナー 
         日田のきれいな水で育った物産販売も検討中

    <問い合わせ>

     みらいの森里海研究会(堤TEL080-5207-4064
    ●案内チラシ↓
    第2回有明海講演会おもて
    第2回有明海講演会うら

    JUGEMテーマ:地域/ローカル
    このサイトに登録の流域団体のイベント情報を発信していきます。
    「広域に案内したい情報」がありましたらお寄せください。
    筑後川まるごと博物館運営委員会まで
    Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
    ★流域の各団体の活動内容は次のページにあります。
    筑後川・矢部川流域で地域づくりなどに取り組む団体一覧

    ★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓
    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓
    「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

    twitter
    ●twitterで最新情報発信中。 ここをクリック→kourasan


    | tikugogawa | 筑後川矢部川流域の団体イベント情報 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/1170674
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ