blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 久留米大学で筑後川流域講座2013(無料の公開講座)前期開講!13年目に入ります | main | 第4回有明海再生講演会8月4日予告(NPO法人筑後川流域連携倶楽部 ) >>
筑後川大学2013<筑後川の水害・治水の歴史と変化>毎月1回の講義・受講生募集中(無料)
0
    あなたも筑後川のものしり博士になりませんか!
     (市民向け公開講座)
    ●2013年4月より
    筑後川大学2013が開講します。
    2013年度テーマ
    <筑後川の水害・治水の歴史と変化>
    昭和28年大水害と平成24年豪雨水害、
    この60年間に変わったこととは?

    2013年4月より「筑後川大学2013」を開講します
    この講座は、一般市民の方々を対象として、筑後川の魅力を伝えるとともに地域や川への関心を深め、流域の環境について考えていただくきっかけとなることを目的としています。この講座はどなたでも参加できますのでお誘い合わせのうえぜひご参加下さい。

    また、この講座は「筑後川まるごと博物館」運営委員会認定の芸員養成講座も兼ねています 筑後川まるごと博物館運営委員会は筑後川流域の環境改善と地域の活性化をめざして多様な活動を行っており、当博物館の学芸員認定を受ければ(受講回数などの条件有り、希望者のみ)その活動に参加できます。
    学芸員認定者は現在12期59

    ●「筑後川まるごと博物館」の受賞暦:
    2006年5月第8回日本水大賞で厚生労働大臣賞を受賞
    2011年3月
    第3回ふくおか地域づくり活動賞でグランプリ(福岡県知事賞)を受賞
    1.会場:
    筑後川防災施設くるめウスを主会場とします。
    ただし8,10,2月は別の会場です。
    〒839‐0865久留米市新合川1-1-3(百年公園北側,ゆめタウン西側)
    (問合せ)TEL:0942‐45‐5042 FAX:0942‐45‐5043  
    8月の会場:三隈川交流センター・朝霧の館 TEL:0973‐23‐5291 
    877‐0074日田市中ノ島町608−14(三隈川公園内)
    ※10月の会場:筑後川フェスティバルin南小国の会場(熊本県南小国町)未定
    ※2月の会場:筑後川交流館はなむね(筑後川河川事務所大川出張所)
            福岡県大川市向島2631-2(TEL:0944-86-2516) 

    2.開講日時:
    2013年4月〜2014年3月
    年間通して毎月1回の開催

    3.受講料:
    原則無料
    (筑後川の概要をまとめたオリジナルの教科書を会場で販売します。)
    4.講座日程:
    年間12回の講座です。
    当日の受講はくるめウス会場には直接おいで下さい。
    変わることもありますので事前には一度お問い合わせください。

    ●前期  
    (1)4/26(金)駄田井正(久留米大学経済学部教授)筑後川を学ぶ。流域で考えるリスク管理と経済振興
    くるめウス18:30〜20:00

    (2)5/17(金)松富士将和(矢部川をつなぐ会会長) 「平成24年矢部川流域の水害被害状況とボランティア活動」くるめウス18:30〜20:00

    (3)6/28(金)馬場綋一(八女市文化財専門委員)「想定外を想定する、矢部川豪雨/上陽の石橋群被災・山下集落浸水・六合堤防決壊の謎くるめウス18:30〜20:00

    (4)7/19(金)鍋田康成(筑後川まるごと博物館事務局長)昭和28年筑後川大水害聞き語りと60年後の平成24年豪雨水害についてくるめウス18:30〜20:00

    (5)8/17(土)筑後川河川事務所日田出張所所長平成24年豪雨水害・日田市の被害と復旧状況(解説と現地見学会)<日田出前講座> ※日田・朝霧の館14:00〜16:00

    (6)9/13(金)荒牧軍治(さが水ものがたり館館長)「平成24年豪雨被災地の調査活動と災害ネットワーク」くるめウス18:30〜20:00

    (7)10/16(水)渡部秀之(筑後川河川事務所所長)「筑後川流域の水害・治水の昔と今」<南小国出前講座>筑後川フェスティバル会場・熊本県南小国町、午後の予定で調整中
    (8)11/22(金)古賀邦雄(古賀河川図書館)「碑文が語る筑後川流域の水害と復興の歴史くるめウス18:30〜20:00

    (9)12/13(金)調整中(筑後川河川事務所防災担当)「平成24年豪雨水害時の河川状況及び被害と復旧について」くるめウス18:30〜20:00

    (10)1/10(金)財津忠幸(森林インストラクター)「平成24年豪雨水害、大量の流木の謎・この60年間で森が変わった」くるめウス18:30〜20:00

    (11)2/2(日)本間雄治(NPO大川未来塾)「豪雨後の有明海ゴミ問題と60年間の環境変化」<大川出前講座> 大川市・筑後川交流館はなむね14:00〜16:00
    (12)3/9(日)筑後川フォーラム「調整中(筑後川60年間の変化と未来への課題、シンポジウム)くるめウス13:30〜16:00

    ※講座日程、内容は変わることがありますので、あらかじめご了承下さい。
    ※途中で現地学習会を催すことがありますが、その場合は別途ご案内いたします。
    ※当博物館では、同時に久留米大学公開講座「筑後川流域社会経済論」も大学と共同して開講しています。こちらへの参加も可能です。案内書は「くるめウス」にあります。
    (こちらの講義は、前期4/15〜7/29、後期9/23〜1/20、原則毎月曜 16:40〜18:10)
    ※お問い合わせは「筑後川まるごと博物館運営委員会」までお願いします。
    5.講座運営:
    筑後川まるごと博物館運営委員会
    〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-101
    Tel:(0942)21-9311 Fax:(0942)21-9311
    Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
    ホームページ:http://ccrn.jp/ 
     CCRN-blog: http://blog.ccrn.jp/ 
     blog筑後川新聞 :http://news.ccrn.jp/
    6.主催:筑後川まるごと博物館運営委員会
      共催:社団法人 北部九州河川利用協会
    7.申込書:
    次の受講希望の日程に○印を付け送付してください。
    ●FAX送信先→ 0942-45-5043 くるめウスまで
    ア、 4月  イ、5月  ウ、6月   エ、7月  オ、8月  カ、9月 
    キ、10月  ク、11月  ケ、12月  コ、1月  サ、2月  シ、3月 
    お名前:          住 所:〒
    所属: 
    TEL:        
     FAX:       
    Eめーる:
    ●案内チラシはこちら↓ 筑後川防災施設くるめウスにあります
    筑後川大学2013チラシ
    このサイトに登録の流域団体のイベント情報を発信していきます
    「広域に案内したい情報」がありましたらお寄せください。
    筑後川まるごと博物館運営委員会まで
    Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp

    JUGEMテーマ:地域/ローカル
    ★流域の各団体の活動内容は次のページにあります。
    筑後川・矢部川流域で地域づくりなどに取り組む団体一覧
    ★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓
    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓
    「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

    twitter
    ●twitterで最新情報発信中。 ここをクリック→kourasan   
    | tikugogawa | 筑後川矢部川流域の団体イベント情報 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/1170690
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    このページの先頭へ