blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 3月9日予告!筑後川防災シンポジウム「昭和28年筑後川大水害から60年〜流域の変化と将来への課題〜」(筑後川まるごと博物館運営委員会) | main | 障がい児を筑後川遊覧船に無料招待・11月8日の予告 >>
10月25日予告・ゆつらーっと矢部川&第7回矢部川楽校 生物多様性 現地観察会/シンポジウム(矢部川をつなぐ会)
0
    ゆつらーっと矢部川&第7回矢部川楽校
    鰻は!? 蛍は!? シチメンソウは!?
    矢部川の生物多様性を考える

    ●日時:2014年10月25日(土)
    現地見学会 9時00分〜11時45分 (要事前申込)
    講演会 受付12時半 13時〜17時 (無料・当日受付)
    ●場所:
    現地見学会:塩塚川河口域(シチメンソウ)
                          〜矢部川津留橋左岸周辺
    講演会:保健医療経営大学大講義室
    みやま市瀬高町高柳960-4 0944-67-7007
    ●基調講演:
    矢部川の生物多様性と景観保全:
                        島谷幸宏(九州大学大学院)
    多様な魚を育むクリーク網は日本の宝!:
                        鬼倉徳雄(九州大学大学院)
    矢部川・塩塚川の塩生植物と生物多様性:
                        須田隆一(福岡県保健環境研究所)
    ●パネルディスカッション15:20〜17:00
       ファシリテータ・島谷幸宏
    詳細は以下へ↓
    ●主催:矢部川をつなぐ会
     事務局:・ハ女市黒木町笠原9836-1
          
     えがおの森内山村塾気付  
         電話
    0943-42-4300

    メール:info@yabegawa.net  
    HP:http://www.yabegawa.net/  
    Blog:http://yabegawa.jugem.jp/ 
    ●共催:一般社団法人北部九州河川利用協会
    ゆつらーっと矢部川&矢部川楽校・生物多様性チラシ
    ゆつらーっと矢部川&矢部川楽校・生物多様性チラシura
    このサイトに登録の流域団体のイベント情報を発信していきます
    「広域に案内したい情報」がありましたらお寄せください。
    筑後川まるごと博物館運営委員会まで
    Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp


    JUGEMテーマ:地域/ローカル
    ★流域の各団体の活動内容は次のページにあります。
    筑後川・矢部川流域で地域づくりなどに取り組む団体一覧
    ★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓

    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓

    「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

    twitter
    ●twitterで最新情報発信中。 ここをクリック→kourasan  

     
    | tikugogawa | 筑後川矢部川流域の団体イベント情報 | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/1170697
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    このページの先頭へ