blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 1月27日予告「福岡渇水と朝倉の水資源開発」福岡市で公開講座・筑後川大学 | main | 「筑後川大学2018」開講のお知らせ >>
久留米大学での公開講座「筑後川流域講座2018」前期開講!
0

    あなたも筑後川のものしり博士になりませんか。
    流域講座2018(前期)開講します!
    流域講座は18年目を迎えます!拍手
    流域講座テスト風景

    久留米大学公開講座
    「筑後川流域社会経済論機
    <第18期(前期)学芸員養成講座> 
    主催:久留米大学経済学部
    ●[講座テーマ]              
    筑後川流域には、豊かな自然と長い歴史に培われた文化を持ち、個性豊かな地域にいろいろな人々が活躍しています。
    今年度は 「筑後川流域と生活、経済、文化のつながり」をテーマに、流域の問題、課題やそのための対策など現場で活動している方より講義をお願いします。前期の講義は、 「筑後川流域の環境と社会」を中心テーマとして、実際の地域や現場を見学する「現地学習」を行って、筑後川を身近に感じる事を目的としています。
    ●[期間]平成30年4月16日〜7月23日
    ●[講義時間]月曜日 16:40〜18:10
     現地学習および体験学習を土、日曜日に計3回実施します。
        
    ●[対象]久留米大学の学生(単位認定有)および一般学生、一般市民も参加できます。
    ●[参加費]講義は無料です。
      現地学習は1回につき久留米大学生500円、一般3,000円程度(バス代等)です。
    ●[受賞]この講座は平成23年3月28日に福岡県の平成22年度
    ふくおか共助社会づくり表彰」協働部門賞を受賞しました。
    (久留米大学経済学部と筑後川まるごと博物館運営委員会の共同受賞です。)
    ●[学芸員認定コース] このコースの選択は自由です。
    ☆学芸員ってどんな人?
       筑後川まるごと博物館運営委員会の活動は学芸員が行なっています。
    筑後川まるごと博物館は、建物のない博物館です。この博物館は流域に存在する多くのタカラモノそのままが展示物となります。流域各地のあるがままの姿を流域の人々に解説、案内などして、地域の活性化や流域の環境改善につなげようと、この博物館を運営し活動していく人たちを学芸員と呼んでいます。ただし、国家資格の学芸員のことではありません。
    ☆認定されるには? 
      認定には、流域講座(流域経済論)の講義6回以上の出席と、現地学習1回以上の参加及び認定レポートの提出が必要となります。またレポート提出後、面談を行ないます。現在、第1期〜第17期までの学芸員認定者は62人です。
    ,海旅嶌造函崔涕綫鄲膤(筑後川防災施設くるめウス等で行なう市民向けの公開講座)」の参加は読み替えが可能です。
    (このことは講義中に案内します) 
    認定レポートは、講座の全日程終了後、提出となります。(テーマ・詳細は改めて連絡します。)
    ●[会場]・・・ キャンパス案内はこちらをクリック(地図内の)
    久留米大学御井キャンパス00号館1階51A教室(5/14まで)

                            (5/21以降)本館313D教室(前期のみ)
    ・・・・久留米市御井町1635 tel(0942)43-4411
    (アクセス:西鉄久留米より文化センター経由信愛女学院行乗車、
       朝妻バス停下車/JR久留米大学前駅下車徒歩5分)
        ・・・アクセス案内はこちらをクリック

           (御井キャンパスのところをご覧ください)

    ●[講座内容]
    流域講座2018(前期)
    「筑後川流域社会経済論機

    講義スケジュール
    (日程、内容等都合により変わることがあります。)

    1.4月16日(月) 「オリエンテーション」・「筑後川の概要とまるごと博物館」

                (鍋田康成:筑後川まるごと博物館事務局長)
    2.4月23日(月) 「水郷ひたの清流復活運動」

                 (園田匠:NPO法人ひた水環境ネットワークセンター理事長)
    3.5月6日(日) 上流現地学習

                 「源流、九重高原・八丁原地熱発電所を巡る」
    4.5月7日(月) 「上流域の自然エネルギーの現状」

                (甲斐美徳:ひた市民環境会議エネルギー部会長)
    5.5月14日(月) 「ヒナモロコと共存できる農村環境の歴史」

                (高山賢治:耳納塾)
    6.5月19日(土) くるめウス体験学習

             「プロジェクトWET・水の教育プログラム実習」
    7.5月21日(月) 「筑後川4堰と江戸期の水利の技術システム」
                 (坂本紘二:下関市立大学名誉教授)

               以降の会場は本館313D教室
    8.5月28日(月) 「城島における酒造業との地域インフラ整備」

             睫攘(久留米大学非常勤講師、比較文化研究所研究員)
    9.6月4日(月) 「有明海と下流域の生き物と自然の変化」

                 (松富士将和:日本野鳥の会筑後支部長)
    10.6月25日(月)  「筑後川の恵みと脅威の歴史供

                  羽田 史郎(筑後川まるごと博物館学芸員歴史部会)
    11.7月1日(日) 中流現地学習

                  「弥生遺跡と江戸期の井堰、H29豪雨水害の跡を巡る」
    12.7月2日(月) 「流域版・今すぐできる防災対策(久留米大学周辺の地域特性と防災)

                  川嶋睦巳(NPO法人筑後川流域連携倶楽部) 
    13.7月9日(月) 「21世紀型博物館の展望」

                 森 醇一朗(久留米大学比較文化研究所客員教授)
    14.7月16日(月)  「水循環基本法と流域の連携」

                 (駄田井正:久留米大学名誉教授)
    15.7月23日(月)  「復習テスト(まとめ)」

             浅見良露:久留米大学経済学部教授)


    ※講師の都合等によりスケジュールが変更となる場合があります。
    ●参加希望者は直接、会場へおいでください。
    現地学習には一般受講者も参加できますが、バス定員超過の場合は学生優先とします。
    ●講義中に教科書を販売します。
     今までの講義資料、過去問題と解答などを収録。150pあります。
    <講座についての問い合わせ>
    久留米大学御井キャンパス教務課  Tel:(0942)44-2071
    <講座運営>筑後川まるごと博物館運営委員会 
          〒839-0863福岡県久留米市国分町1986-4-202 
    Tel:(0942)21-9311  Fax:(0942)21-9311
    e-mail:ppnpf822@yahoo.co.jp
    ホームページ:http://ccrn.jp/ 

    ●講座案内チラシ↓
    流域講座2018前期
    ★筑後川を調べる時にはここからどうぞ!、
    これは便利!動画も、ライブ画像も見れます!
          ↓

    「筑後川・矢部川まるごとインターネット博物館」
    ★筑後川を旅する時にはここからどうぞ!、
    筑後川流域の旅の総合情報サイトば、始めました!
          ↓

    「筑後川まるごとリバーパーク・よかばい!ちっご川流域めぐり」

    facebookロゴ148

    ★facebookで最新情報発信中!

     ここをクリック→facebook筑後川まるごと博物館
    twitter
    twitterで最新情報発信中! ここをクリック→kourasan

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    | tikugogawa | 筑後川矢部川流域の団体イベント情報 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/1170726
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ