blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動紹介:ブッククラブ大川 | main | 活動の紹介:筑後川交流ボート振興会 >>
活動紹介:石けんを広め自然環境を守る久留米市民の会
0
    1.団体の名称: 石けんを広め自然環境を守る久留米市民の会
    2.会員数:    100 人  
    3.団体代表者: (役職):会長  (氏名) 時井純子 
    4.団体連絡先: (住所)〒830-0023 
                福岡県久留米市中央町21−17 公社会館メルクス
             (TEL)0942-30-9188   (FAX)0942-37-0501  
    5.事務局(連絡)担当:(役職) 事務局長  (氏名) 甲斐 紀美代
    6.設立の目的:
    自然環境を守るために、合成洗剤を追放し、石けんを広め、筑後川のきれいな水と、私達の健康な生活を維持するために、互いに協力して活動することを目的としている。
    7.設立の経緯:西暦1980年設立
     学校給食調理員の極度の皮膚障害の原因が合成洗剤にあることがわかり、児童生徒への安全性の問題、環境への問題等から、久留米市の施設が石けんに切り替わりました。市民へも石けん使用を呼びかけ、目的を同じくする市民団体が集まり「合成洗剤追放久留米市民の会」が結成されました。平成8年名称を変更し現在に至る。
    8.活動実績:  ・二ヶ月に一度の幹事会
      ・総会後の学習会
      ・年1回の環境講演会
      ・環境フェア・ふるさと農業まつりへの参加
      ・せっけん工房での石けん作り教室 参加者168人
      (19年度利用回数 47回 水石けん 2360リットル固形石けん 1170kg
    <受賞歴>
    表彰状平成12年10月18日 福岡県知事 麻生 渡
    「貴団体は多年にわたり環境保全活動を積極的に推進されました。 
    その功績は誠に顕著であり他の模範となるものであります。
     よってここに表彰します。」 
    9.活動の様子:
    久留米せっけんの会
    | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 12:00 | comments(3) | trackbacks(0) | - | -
    石けんを広め自然環境を守る久留米市民の会の幹事をしています。日頃より当会の活動にご理解ご協力いただきましてありがとうございます。先日、当会の総会で会長が時井純子に変わりました。会長名の変更は可能でしょうか?よろしくお願いいたします。
    | 竹下明子 | 2009/06/01 6:59 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2011/02/28 2:48 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2013/11/16 8:51 PM |










    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/838930
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>

    このページの先頭へ