blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動紹介:石けんを広め自然環境を守る久留米市民の会 | main | 活動の紹介:久留米郷土研究会 >>
活動の紹介:筑後川交流ボート振興会
0
    1.団体の名称: 筑後川交流ボート振興会
    2.会員数: 15名ほど
    3.団体代表者: (役職)会長  (氏名)津川 正明
    4.団体連絡先: 住所:〒830-0042 久留米市荘島町11−1
             TEL:0942-30-9226 FAX:0942-38-2259
    5.事務局担当: 坂田 健一    住所等は上記のとおり
    6.設立の目的:
    筑後川及び近隣地域の川、湖、海などの水辺において、交流ボート(Eボート)を活用した各種交流事業を実施することにより、「水辺の365日」を意識しつつ、流域交流と連携を促進し、健康で豊か な生活が楽しめる地域づくりに貢献することを目的に設立。
    【参考】“Eボート”とは、子どもから高齢者までだれでもが簡単に操作で きる組み立て式の10人乗り手漕ぎボートで、人々が川に集まり、ともに汗 を流すことをきっかけに流域交流を図り、エコライフを大いに楽しんでい ただくために有効活用されています。
    7.設立の経緯:
    西暦2002年設立 
    以前より交流ボートの振興を目的として活動していたが、組織として本会を発足することで、活動をより活発化するために設立した。
    8.活動実績:
    平成20年で第12回の開催となった『筑後川Eボートフェスティバル』の運営に中核となって参画。また、九州各地のEボート大会に交流ならびに運営補助を目的として参加。
    【例年参加している主な大会等】 
    山口県宇部市 小野湖交流ボート大会 
    大分県日田市 みくま川交流ボート大会 
    熊本県山鹿市 菊池川交流ボート大会
    【筑後川Eボートフェスティバルとは】 
    例年9月第1週の日曜日に開催されているEボートを活用した競漕大会。平成20年度で第12回を数える。平成21年度は、9月6日(日)に開催予定。
    9.活動の様子:
    開会式
    Eボート振興会、開会式
    Eボート振興会、アップ
    Eボート振興会、京町
    Eボート振興会、金太郎
    | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/838990
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    このページの先頭へ