blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動の紹介:筑後川交流ボート振興会 | main | 活動紹介:楽生水澄しの会 >>
活動の紹介:久留米郷土研究会
0
    1.団体の名称: 久留米郷土研究会
    2.会員数:     102人
    3.団体代表者: (役職):会長   (氏名) 樋口一成  
    4.団体連絡先: (住所)〒839−0862 
                福岡県久留米市野中町970−1中央図書館気付
             (TEL)0942-38-7116 (FAX)      
             (Eメール) (ホームページアドレス)
    5.事務局(連絡)担当: (役職)     (氏名) 下川和彦  
              (住所)〒               
    6.設立の目的: 郷土の歴史、民俗、文化等に関する調査研究及び発表を通じて、郷土を大切にする心を養い、郷土文化の発展に資する。
    7.設立の経緯: 西暦1971年設立 経済開発による文化的伝統の破滅に対応するため、研究調査活動と保存運動を展開し、住民に豊かな生活環境の確保を図るため、久留米大学玉丸 勇教授を始め、郷土研究家が決起し、設立された。
    8.活動実績:
     会の活動  総会1回/年 例会(会員による研究発表)5日/年 
     見学会は近郊2回/年、遠方1回/年
    (これまで福知山、京都、北海道、豊後地方、久留米ゆかりの土地を探訪)
    会報  「郷土久留米」を年3回発行。現在109号。 
         ページ数 16P〜20p
    同合本号 第1号〜第3号まで発刊
    会誌   不定期発行・現在27号
    その他  「久留米ものしり事典」平成18年を編集
    9.活動の様子: 
    久留米郷土研究会
    | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 13:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | -
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2011/02/06 3:22 PM |

    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2018/06/19 10:47 PM |










    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/838997
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    このページの先頭へ