blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動紹介:日田の川を考える会 | main | 活動紹介:日田市民セミナー「紫明庵」 >>
活動の紹介:九重の自然を守る会
0
    1.団体の名称: 九重の自然を守る会
    2.会員数:    338人  
    3.団体代表者: (役職)理事長 (氏名) 渡辺格雄  
    4.団体連絡先:
    (住所)〒879-4912 大分県玖珠郡九重町大字湯坪268−1
             (TEL)        (FAX)        
            (Eメール)       (ホームページアドレス)
    5.事務局(連絡)担当: (上と同じ)
    6.設立の目的:
    7.設立の経緯: 西暦1961年設立 
    8.活動実績:
    平成19年度の活動 
    平成19年7月19日(木)   高山植物保護対策協議会
    平成19年10月27日(土)   由布岳南麓野焼きシンポジウム
    平成19年11月9日(金)〜11日(日)
    ・ラムサールフォーラムinくじゅう 
     パネル展示、公演、パネルディスカッション、交流会、エコツアー・ワイズユース関連の会議、シーニックバイウェイ関連の会議
    *動物愛護活動(平成19年7月15日〜平成20年4月6日まで28回)
    *遭難対策活動(平成19年6月2日〜平成20年5月31日まで15回)
    *環境整備活動(平成19年6月から平成20年6月まで 10回)
    *教育活動
     ・先進地視察研修〔広島県山県郡北広島町(旧芸北町)〕
      平成19年9月29日(土)〜30日(日)
      高原の自然館、八幡湿原(霧ヶ谷湿原)自然再生事業など
     ・ラムサール条約湿地ワイズユース研修会〔新潟〕
      平成20年3月8日(土)〜11日(火)
    *自然観察会〔平成19年4月1日(日)〜平成20年3月30日(日)
     <回数>   75回 
     <参加者数> 1977名
     <解説者>   255名
    *「会」四十周年(平成13年)に計画した記念事業の継続
     ・赤峰武初代理事長記念事業
     ・九重・自然観察ガイド研修講座の実施〔別紙にて報告〕
      受講生38名のうち、32名が修了(1/3以上の出席)
    ・長者原一帯の植物調査
     植物図録の作成 
    <受賞歴>
    第66回西日本文化賞  平成19年11月3日(土)    
    9.活動の様子: 
    | tikugogawa | 筑後川上流域の活動団体の紹介 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/839017
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ