blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動紹介:NPO法人下筌ダム湖と森の会 | main | 活動の紹介:九州ツーリズム大学 >>
活動紹介:きよらの郷 わくわくクラブ
0
    1.団体の名称: きよらの郷 わくわくクラブ
    2.会員数: 118人 (小学生104名、一般14名)
    3.団体代表者: (役職)社会教育委員 わくわくクラブ運営委員
             (氏名) 齊藤 寛 
    4.団体連絡先: (住所)〒869-2402 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺550
              (TEL)0967-42-0065   (FAX)0967-42-0065
    5.事務局(連絡)担当: (役職) 教育委員会  (氏名) 栗原康弘
            (住所)〒869−2401熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場144−1
            (TEL) 0967-42-0047(FAX)0967-42-0053
    6.設立の目的:
    異年齢集団の中で様々な活動や体験を通して、豊かな人 間性を育み、社会性を培い、「生きる力」を育てる。
    7.設立の経緯:  西暦2002年設立
     学校週5日制に伴い、子どもたちの土曜、日曜の受け皿として、平成14年度に発足
    8.活動実績: 
    活動内容:自然体験、文化活動、スポーツ活動の様々なクラブを地域の方々が指導者となり設立し、児童が入りたいクラブに申込みを行う。
    平成19年度は児童、地域の方あわせて、約130名の会員で活動している。 
     クラブの特徴:単発的な活動ではなく、1年間の継続した活動のため、こども達は、1年間の目標を立て、作品を作ったり、スポーツに取組んでいる。  また、年間を通しての活動ということで子どもたちは作品の完成の喜びや技術向上の喜びを感じています。
    全体会:
      春季・・・クラブ発足式 
      夏季・・・キャンプ、自然体験活動
      秋季・・・文化祭(ステージ、展示)
      冬季・・・クラブ成果発表     年間を通して活動しています。
    クラブ数:13クラブ 
    (自然体験クラブ・紙すきと絵手紙クラブ・お手玉クラブ・まいぶらりークラブ  囲碁将棋クラブ・切り絵クラブ・絵画クラブ・けん玉クラブ・農園クラブ・  卓球クラブ・南小国ライジングサンズ・ひょっとこクラブ・きよらバスケットボールクラブ)
    活動報告(平成19年度)  
     清流の森ハイキング 5月19日(土)
     内容:わくわくクラブ発足会、ウォークラリー、レクリエーション
     参加者:52名  
    チャレンジ教室 8月4日(土)  
     内容:ピザ、パスタ作り、カヌー教室  参加者:70人 
     わくわく土曜日  2月23日(土)  
     内容:クラブ発表、お好み焼き、スープ作り 参加者46名
    9.活動の様子: 
    | tikugogawa | 筑後川上流域の活動団体の紹介 | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/839043
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    このページの先頭へ