blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動紹介:きよらの郷 わくわくクラブ | main | 活動紹介:水色の自転車の会 >>
活動の紹介:九州ツーリズム大学
0
    1.団体の名称: 九州ツーリズム大学
    2.会員数:       5人  
    3.団体代表者: (役職):学長  (氏名) 宮崎暢俊 
    4.団体連絡先: (住所)〒869-2505 熊本県阿蘇郡小国町北里371−1 
             (TEL)0967-46-5560   (FAX)0967-46-5561  
           (Eメール)mokukon@town.oguni.kumamoto.jp
            (ホームページアドレス)http://www.manabiyanosato.or.jp
    5.事務局(連絡)担当:
     (役職)事務局長  (氏名) 佐藤登喜子 
    6.設立の目的:
    農村の多面的機能、「国土の保全、水源のかん養、自然 環境の保全、良好な環境、文化の伝承など、農業と農村が本来もっていな がら、これまで認識の薄かった公益的機能を再評価し、都市と農村の有機 的な関係を作ることがツーリズムになる。それには都市と農村が対等に交 流し、新しい関係をつくり、新しい人材を育成することを目的として九州 ツーリズム大学を開校する。
    7.設立の経緯:  西暦1997年設立 
    8.活動実績:
    毎年9月〜3月の7ヶ月毎月2泊3日の日程
    講義は「ツーリズム学科」と「観光まちづくり学科」
    学生も異業種、異年齢と幅広く、毎月熱心な討論を行っている。
    実習は課題を与えられてのグループワーク、フィールドワークとして多くの実習を伴う活動を行う。
    卒業生も多方面で活躍しており、農家レストラン、民宿、店舗の開設、大学の講師や、地域づくりの雑誌編集者、新規就農者。起業家などと幅広く、人生の中での転機をこの大学で得る人も多くいる。
    9.活動の様子: 
    | tikugogawa | 筑後川上流域の活動団体の紹介 | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/839058
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    このページの先頭へ