blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動紹介:久留米の自然を守る会 | main | 活動紹介:特定非営利活動法人 はかた夢松原の会 >>
活動紹介:日本野鳥の会筑後支部
0
    1.団体の名称: 日本野鳥の会筑後支部
    2.会員数: 180 人
    3.団体代表者: (役職):支部長 (氏名)松富士 将和 
    4.団体連絡先:
    (住所)〒839-0853 久留米市青峰1-14-29  
    (TEL)0942-45-1150  (FAX)0942-45-1150 
    (Eメール)hohoduku@orion.ocn.ne.jp  
    (ホームページ(ブログ)アドレス)http://mamewari.blog.ocn.ne.jp/
    5.事務局(連絡)担当: (役職)事務局長(兼) (氏名)松富士 将和     
    6.設立の目的:
    「鳥も人も地球の仲間。かけがえのない自然を、子どもたちの明日に残したい!」をモットーに、自然にあるがままの野鳥に接して楽しむ機会を設け、また、野鳥に関する科学的な知識および、その適正な保護思想を普及することにより、地域住民の間に自然尊重の精神を培い、もって人間性豊かな社会の発展に資することを目的とする。
    7.設立の経緯:西暦 2001年4月 設立
    日本野鳥の会福岡支部から分離独立し、筑後地区をテリトリーに、(財)日本野鳥の会の88番目の支部として発足。身近な自然・里山や、古処山、耳納連山、釈迦・御前岳などの山地、筑後川、矢部川などの河川と有明海などでの、野鳥と自然に触れあう催し、生息調査、自然保護活動などを行っている。
    8.活動実績:
    1、探鳥会
    …衫稈議参颪鯔莊遑害鷦損棔А並莪貽曜日:小郡市花立山、第二日曜日:久留米市高良山、第四日曜日:みやま市濃施山公園)
    企画探鳥会:年に10回ほど主に第三日曜日に実施)
    その他、学校、地域公民館などと共催の探鳥会を年に数回実施
    2、支部報・まめわりの毎月1回の発行(まめわりはイカルの別名で、ハゼの実が大好きなことから筑後の鳥・支部の鳥としています)
    3、調査活動
    〕明海水鳥調査:毎年3回・春、秋、冬に実施(13年継続)
    ▲ン・カモ調査:毎年1回・冬・1月に実施(20年継続)
    三池島ベニアジサシ生息調査(12年継続)
    な_県から県内4支部で受託した第八次〜10次の調査実施
    ゥ皀縫織螢鵐按敢此ν明海筑後川・早津江川河口域の調査実施
    4、有明海調査報告書発行(長崎、佐賀、熊本、筑後の4支部合同にて)
    5、三池島調査報告書発行(熊本、筑後の2支部合同にて)
    9.活動の様子:
    有明海探鳥会
    野鳥の会、有明海
    グリーンピア八女探鳥会
    野鳥の会、グリーンピア
    | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/840916
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    このページの先頭へ