blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
<< 活動紹介:つのむれ会 | main | 活動紹介:ひた市民環境会議 エネルギー部会 >>
活動紹介:ひた市民環境会議「水と森」部会
0
    1.団体の名称: ひた市民環境会議「水と森」部会
    2.会員数:   27 人
    3.団体代表者: (役職):部会長  (氏名)財 津 忠 幸
    4.団体連絡先:
    (住所) 〒877-0062 大分県日田市上野町76−1 
    (TEL)0973-23-2070(FAX)0973-23-2070
    (Eメール) zaitsut@snow.plala.or.jp
    5.事務局(連絡)担当:
    日田市役所水郷ひたづくり推進課 担当:太郎良 公
    (住所)〒〒877-8601 大分県日田市田島二丁目6番1号
    (TEL)0973-22-8357(FAX)       
    (Eメール)kankyo@city.hita.oita.jp
    6.設立の目的:
    環境問題が私たちの日常生活に起因している以上、従来の意識とライフスタイル、社会システムを変えなければならない。そのために市民、事業者、行政が手を取り合って、力を合わせて確かな一歩を踏み出すことが必要。「水と森」部会は、日田市の森林と水の環境を考える部会として広範な事業を展開する。
    7.設立の経緯: 西暦2001年設立
    水郷ひたにふさわしい環境共生都市をめざす日田市が、市民と協働で環境問題を考えようとエネルギー部会、まち・景観部会、ごみ・リサイクル部会とこの「水と森」部会4つの部会を立ち上げた。
    8.活動実績:
    ◇毎月1回(第3火曜日)にワーキングチーム会議を開催し、方向と事業展開を図る。      
    ◇千年あかり竹伐採 作業里山を荒らす竹の害を取り除くための伐採作業に参加。伐採した竹を利用して、竹灯籠祭り「千年あかり」に参加協力
    ◇ブラジルチドメグサ除去対策 絶対に繁殖させてはならない「外来特定水生生物」のブラジルチドメグサを河川に関係する行政と協働して除去作業を行う
    ◇ホタルの生息調査 河川の清流度を知るために、市内全域のホタル調査を実施。公表して観光面でも約たたせる 
    ◇河川水質調査 年に5回の水質調査を国交省筑後川河川事務所と連携して実施する。また、河川モニターも併せて実施する
    ◇市民環境講座 年一度、水と森に関する有識者を招き講演会を実施している。
    ◇天然広葉樹林づくりプロジェクト 九大矢幡教授指導の下、日田市内の林業関係機関、市民団体、日田林工高校生と協力して、天然広葉樹林をつくるための実験地(自然の森林作りプロジェクト)を作り、その育成過程を植生調査する。
    9.活動の様子:
    日田市民環境会議水と森1
    日田市民環境会議水と森2
    | tikugogawa | 筑後川上流域の活動団体の紹介 | 17:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://b.chikugogawa-marugoto.net/trackback/841722
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>

    このページの先頭へ