blog筑後川・矢部川

筑後川は九州最大の河川です。また矢部川はその南部に隣接しています。
両川は、むかしから流域の自然、環境、歴史、文化、そして人々の生活に大きな影響を与えてきました。
このサイトは、筑後川・矢部川流域の住民による、筑後川・矢部川をもっと知りたい人たちのための情報バンクを目指します。筑後川まるごと博物館運営委員会が運営しています。Eメール:ppnpf822@yahoo.co.jp
活動紹介:山苞の会
0
    1.団体の名称: 山苞の会
    2.会員数:      48人
    3.団体代表者: (役職):会長    (氏名) 倉富敏之 
    4.団体連絡先:
    (住所)〒839−1211 福岡県久留米市田主丸町森部714
    (TEL)0943−72−2397
    (FAX)0943−72−2407
    5.事務局担当:
    (役職)事務局長 (氏名) 高山賢治
    (住所)〒839−1211 福岡県久留米市田主丸町森部700−1
    (TEL・FAX)0943−72−4188 (Eメール)
    6.設立の目的: 
    「美しくやさしい心ふれあうやすらぎの里づくり」自然の偉大さ恵みの深さに感謝し、それを尊び、その中で生活と文化を育んでいく静かな山里。よごさない、こわさないをモットーに耳納の自然・生産・伝統・歴史・芸能・文化・美術工芸・福祉・学園などをまるごと博物館ととらえ、その伝承発展につとめることが会の目標です。
    7.設立の経緯: 西暦 1996 年設立
    1994年、耳納の里に美術館の実現を考える会が発足。会合を重ねるうち、いきなり建物を建てるよりも、文化的な意識を高めるため美術館にふさわしい愛称を農免道路につけようとなり、応募の中から「山苞の道」が生まれる。1997年から11月2日と3日の文化の日にあわせ「来て見てん山苞の道」のイベントが始まる。
    8.活動実績:
    ・環境部会:山麓の自然環境の維持活動、花木植え付け、ガーデニングなどの推進、東本川の蛍増殖と観察会、毎月1回(日曜日)山苞の道の清掃作業
    ・山苞振興部会:手仕事工房の視察研修、山苞産物の開発販売など部活動強化
    ・文化部会:山苞の道写真コンテストと山苞の道スケッチ大会は春、秋の好い時期に実施する。ほか、山苞のコンサートの実施、会員の文化研修企画交流を深める。
    ・広報部会:観光ボランティアガイドや視察団の受け入れ、案内、広報活動を行う。1997年よりほとめき歩きin田主丸を開催、3つのコースで実施。 山苞のガイドマップを作成し、配布を毎年実施している。マスコミへの対応と山苞の道、山苞の会の宣伝に努めている。
    ・乙女部会:たのしまる春まつり、ひじり園の夏祭り、くるめフォーラム2008グリーンフェスティバル(福岡県緑化センター)ほとめき歩き事業他外部団体の催しに参加、支援、協力をする。2009年巨峰物語、市民ミュージカルに支援、協力している。
    【受賞歴】
     第12回農村アメニティコンクール「特別優秀賞」受賞(1998年)     (国土庁(財)農村開発企画委員会共催)    
     「美しい日本の歩きたくなる道」500選に選ばれる(1996年)
     久留米ふるさと市民賞受賞(久留米市)(1997年)
     地方自治法施行六十周年記念総務大臣賞受賞(2008年)
    9.活動のようす:
    山苞の会1-1
    山苞の会1−2
    山苞の会2
    山苞の会3
    山苞の会4
    | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    活動の紹介:宝珠山ほたるを育てる会
    0
      1.団体の名称: 宝珠山ほたるを育てる会
      2.会員数: 30 人 (20年4月現在) 
      3.団体代表者: (役職)会長   (氏名) 一ノ宮知視  
      4.団体連絡先: (住所)〒838-1702 福岡県朝倉郡東峰村福井735−6
                (TEL)0946-72-2303   (FAX)0946-72-2303
      5.事務局(連絡)担当: (役職)      (氏名)       
                (住所)〒   東峰村役場小石原庁舎
                  (不在時は窓口として役場企画振興課で対応)
                (TEL) 0946-74-2311(FAX)      
      6.設立の目的:
      故郷を子ども達の誇れる村にするため、河川の環境保全活動を継続し、昔のようなホタルの乱舞する美しい村づくりを目指します。
      7.設立の経緯:  1980年設立 昭和55年 
      ※昭和62年よりほたる祭り開催
      8.活動実績:
      1.河川の清掃活動(宝珠山の清掃年2回)
      2.小中学校でのホタル生態講座
      3.先進地の視察研修(山口県豊田市、北九州市外)・・ホタルの保護、育成活動について   
      4.ホタルの生育環境の整備と飼育活動 
       種ホタル採取、幼虫の放流、カワニナの放流、ホタルシーズン中の保護活動、来場者への啓蒙活動、ボランティアガイド等
      5.ほたる祭りの開催(6月第1土曜日)
      ※祭り前後1週間はホタル観賞期間(ガイド、夜店)
      6.村内イベントへの参加(活動資金の捻出)〜岩屋祭り、ふるさと祭り
      <受賞歴>
      1.福岡県知事表彰(平成4年8月23日:地域の水質保全活動)
      2.福岡県知事表彰(平成17年1月24日:美しい町づくり貢献賞)
      3.国土交通大臣表彰(平成17年6月24日:全国町づくり表彰)
      ※福岡県快適な環境スポット30選(活動拠点親水公園)指定
      9.活動の様子: 
      ホタルまつり
      宝珠山ホタル
      宝珠山イベント
      河川清掃活動
      宝珠山清掃
      | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      活動紹介:日本野鳥の会筑後支部
      0
        1.団体の名称: 日本野鳥の会筑後支部
        2.会員数: 180 人
        3.団体代表者: (役職):支部長 (氏名)松富士 将和 
        4.団体連絡先:
        (住所)〒839-0853 久留米市青峰1-14-29  
        (TEL)0942-45-1150  (FAX)0942-45-1150 
        (Eメール)hohoduku@orion.ocn.ne.jp  
        (ホームページ(ブログ)アドレス)http://mamewari.blog.ocn.ne.jp/
        5.事務局(連絡)担当: (役職)事務局長(兼) (氏名)松富士 将和     
        6.設立の目的:
        「鳥も人も地球の仲間。かけがえのない自然を、子どもたちの明日に残したい!」をモットーに、自然にあるがままの野鳥に接して楽しむ機会を設け、また、野鳥に関する科学的な知識および、その適正な保護思想を普及することにより、地域住民の間に自然尊重の精神を培い、もって人間性豊かな社会の発展に資することを目的とする。
        7.設立の経緯:西暦 2001年4月 設立
        日本野鳥の会福岡支部から分離独立し、筑後地区をテリトリーに、(財)日本野鳥の会の88番目の支部として発足。身近な自然・里山や、古処山、耳納連山、釈迦・御前岳などの山地、筑後川、矢部川などの河川と有明海などでの、野鳥と自然に触れあう催し、生息調査、自然保護活動などを行っている。
        8.活動実績:
        1、探鳥会
        …衫稈議参颪鯔莊遑害鷦損棔А並莪貽曜日:小郡市花立山、第二日曜日:久留米市高良山、第四日曜日:みやま市濃施山公園)
        企画探鳥会:年に10回ほど主に第三日曜日に実施)
        その他、学校、地域公民館などと共催の探鳥会を年に数回実施
        2、支部報・まめわりの毎月1回の発行(まめわりはイカルの別名で、ハゼの実が大好きなことから筑後の鳥・支部の鳥としています)
        3、調査活動
        〕明海水鳥調査:毎年3回・春、秋、冬に実施(13年継続)
        ▲ン・カモ調査:毎年1回・冬・1月に実施(20年継続)
        三池島ベニアジサシ生息調査(12年継続)
        な_県から県内4支部で受託した第八次〜10次の調査実施
        ゥ皀縫織螢鵐按敢此ν明海筑後川・早津江川河口域の調査実施
        4、有明海調査報告書発行(長崎、佐賀、熊本、筑後の4支部合同にて)
        5、三池島調査報告書発行(熊本、筑後の2支部合同にて)
        9.活動の様子:
        有明海探鳥会
        野鳥の会、有明海
        グリーンピア八女探鳥会
        野鳥の会、グリーンピア
        | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        活動紹介:久留米の自然を守る会
        0
          1.団体の名称: 久留米の自然を守る会
          2.会員数:   84 人(2009.1.1現在)
          3.団体代表者: (役職):会長   (氏名) 橋田沙弓         
          4.団体連絡先:
            (住所)〒839-0827 久留米市山本町豊田2320-6(事務局 古賀信夫宛)
             (TEL)0942-46-8622      (FAX)0942-46-8623   
            (Eメール)fushin@kurumenoshizen.net
            (ホームページアドレス)http://kurumenoshizen.net
          5.事務局(連絡)担当: 上と同じ
          6.設立の目的:
          久留米の自然を守る会第2条 
          この会は久留米市及びその周辺の自然環境の保全・保護を推進する。
          7.設立の経緯: 西暦 1972年設立
           1972年6月集中豪雨の後、神護石の一部が破壊され2kmに渡る断層が発生し、高良山の森林破壊から守るために結成されましたが、その後久留米の自然を守る会に名称を改め38年目になります。植物、昆虫、野鳥、地層、歴史、環境部門などの担当専門家が活躍する会に成長しています。
          8.活動実績:
           今まで、探鳥会(2回)、野草を愉しむ会、水辺の自然観察会、観月会、キノコ観察会(2回)、ホタルの夕べや講演会、自然と歴史探訪、草木染めなど例会を行っています。
          その記録は会報「久留米の自然」は103号まで3ヶ月に1回発行しています。協賛として、久留米市環境部が主催する「環境フェアinくるめ」に参加、生産流通課と共催で野外例会を、また、緑の市民会議主催の「チビッコ天国」、「緑のハイキング」に講師などで参加しています。
           また、筑後川まるごと博物館と共催で「筑後川野草を愉しむ会」や「筑後川観月会」などの例会を行っています。筑後川発見館を訪問する小学生に水質検査や植物や昆虫の観察などGTとして協力しています。また、高良川子ども探検隊に7~8月に4回講師として協力しています。私たちは久留米市の緑の功労者として、4月29日に毎年スタッフが表彰されています。
          9.活動の様子:
          | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          活動紹介:水色の自転車の会
          0
            1.団体の名称: 水色の自転車の会
            2.会員数:        30  人
            3.団体代表者: (役職):学生 (氏名) 植田 美穂 
            4.団体連絡先:
            (住所)〒839-8502 久留米市御井町1635 久留米大学経済学部内 
                      (TEL) 0942-44-7323  (FAX) 0942-44-7323  
            (ホームページ)http://www.mii.kurume-u.ac.jp/~economics/mizuiro/index.html
            5.事務局(連絡)担当:
             (上と同じ)
            6.設立の目的:
            市民が自由に乗れる共用自転車を普及することで、環境にやさしいまちづくりを目指す。
            7.設立の経緯: 西暦 1999 年設立
            8.活動実績:
             『自転車は町を救う』新評論 発刊 
             共用自転車の社会実験(2006年、柳川・久留米) 
             久留米市環境フェアーに毎年参加 
             現在も自由に乗れる共用自転車を久留米大学御井キャンパスに設置
             鍵は自動で管理
            9.活動の様子:
            | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            活動紹介:朝倉市まちづくりチャレンジ大学
            0
              1.団体の名称: 朝倉市まちづくりチャレンジ大学
              2.会員数:    240 人  
              3.団体代表者: (役職):代表  (氏名) 篠崎正美、本石敏明 
              4.団体連絡先: (住所)〒838-1302 福岡県朝倉市宮野1805−1
                        (TEL)0946-52-3020   (FAX)0946-52-3020  
                     (Eメール)masamishinozaki@yahoo.co.jp
              5.事務局(連絡)担当: (役職)      (氏名) 上原幸子  
                        (住所)〒838−1306 朝倉市山田166 
                        (TEL) 0946-52-0557(FAX)0946-52-0557
                        (Eメール)     
              6.設立の目的:
              「学び」や「活動」を通して、市と周辺地域及び都市圏を繋いだ市民間の連携と信頼を築き、夢と活力ある豊かなまちづくりをめざします。さらに次代の地域を担う人材を育成します。
              7.設立の経緯:  西暦2008年設立
              2007年10月頃より、まちづくりを考える住民があつまり準備会を立ち上げる。学生募集の前に開校記念講演会を12月2日に行う。テーマ「自治体の行財政改革と市民の役割」を課題として臼杵市の後藤国利市長の講演会をもつ。
              8.活動実績:
              6回の授業と地域づくりボランティア
              第1回 |楼茱轡鵐櫂献Ε燹塀嗣3名)
              (1/27)講演 堀尾正明氏「まちづくりは地域の底力で」
              第2回 グローバル経済の時代における地域ビジネス
              (4/20).螢譟璽函璽「地域でがんばる企業家」
                  ▲轡鵐櫂献Ε燹屮哀蹇璽丱觀从僂斑楼茱咼献優后
              第3回 々岷蕁“口惠子氏「私が受けたい介護のために」
              (6/22)▲潺縫轡鵐櫂献Ε燹崢倉市の介護保険の現状と課題」
              第4回 々岷蕁‥菘超琶源瓠峪毀韻砲茲觚共性の再構築」
              (7/27)地元トーク「地域を元気にするために私たちにできること」
              第5回 これからも安心して食べ続けるために−グローバル経済の中の農業―
              (10/19)々峙繊々暖紂〕,気鵝崟こΨ从僂らみた農業」
                   ∧鷙陝 崢倉市農業の現状と課題」
              第6回 メタボリック症候群への挑戦
              (12/14)々峙繊‘L酩霽Г気鵝崘照莽とメタボリック症候群」
                   ∧鷙陝 崢倉市国民健康保険から見た医療費の動向」
                   ミニシンポジウム「私達のメタボへの挑戦、どうしたらいいの?」
              9.活動の様子: 
              チャレンジ大学
              チャレンジ大学2
                 
              | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 14:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              活動紹介:まちづくりボランティア・こども自然塾
              0
                1.団体の名称: まちづくりボランティア・こども自然塾
                2.会員数:  25人
                3.団体代表者: (役職):代表 (氏名)  平田昌之         
                4.団体連絡先: (住所)〒 838-1514 朝倉市杷木久喜宮1508 
                (TEL) 0946-62-1085(FAX) 0946-62-1085
                        (Eメール)te15maky@yahoo.co.jp
                5.事務局(連絡)担当: (上記と同じ)
                6.設立の目的:
                まちづくりの一環として大手山2000年公園を活性化すること。2000年公園周辺の自然とのふれあい、自然の中で遊ぶことをとおして、自然を愛し大切にする豊かな心を持ったこどもの育成をめざし、次の場を提供する。
                ◎ 自然とふれあう場
                ◎ お年寄り・親子・家族ふれあいの場
                ◎ 都市と農村のふれあいの場
                ◎「食と農」・「環境」を考える場
                7.設立の経緯: 西暦 2002年設立
                8.活動実績:
                【体験学習】イモ植体験・芋掘り体験・竹細工体験・ソバ打ち体験・草木染め体験、燻製づくり、炭焼き体験、そうめん流し体験など。 
                【昆虫観察】「世界のカブトムシ・クワガタ展」の開催
                      ビートル・キャンプ(テント生活と夜間昆虫観察)
                      オオクワガタ幼虫の割り出し体験
                      カブトムシ相撲大会、カブトムシ・クワガタ絵画コンクール
                【環境整備】チュウリップ球根植、桜の植樹、ハーブ苗植、林道清掃など【修学旅行体験学習】ソバ打ち体験、竹細工体験、草木染め体験の修学旅行 受け入れ。
                9.活動の様子:
                キャンプ
                自然塾キャンプ
                ソバ打ち体験
                自然塾ソバ打ち
                修学旅行
                自然塾、修学旅行
                自然塾、集合 
                | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                活動紹介:楽生水澄しの会
                0
                  1.団体の名称: 楽生水澄しの会(たぬしまるみずすましのかい)
                  2.会員数: 10人
                  3.団体代表者: (役職):会長   (氏名) 行徳正和  
                  4.団体連絡先: (住所)〒839−1203 
                            福岡県久留米市田主丸町秋成885
                            (TEL)0943-72-3265  (FAX)0943-72-3265
                           (Eメール)        (ホームページアドレス)
                  5.事務局(連絡)担当: (役職) 事務局 (氏名) 野口芳晴 
                   (住所)〒                      
                   (TEL)       (FAX)       (Eメール)     
                  6.設立の目的:
                  ・ファルトボート(折りたたみ式のカヌー)の手作り
                  ・カヌーや水遊びを通して水に恵まれたふるさと田主丸の良さを子ども達に理解してもらう。
                  7.設立の経緯: 西暦1994年設立 
                  8.活動実績:
                  ・1995年 筑後川フェスティバル(田主丸で開催)にて200人超にカヌー体験をしてもらう。
                  ・1998年 KBC「水と緑のキャンペーン」にて筑後川支流巨瀬川をイカダで下る。
                  TV放送される。
                  ・設立翌年頃より現在まで主に子どもたちを対象としたカヌー体験塾を開催。
                  9.活動の様子: 
                  カヌー教室
                  水澄ましの会
                  水澄ましの会
                  | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  活動の紹介:久留米郷土研究会
                  0
                    1.団体の名称: 久留米郷土研究会
                    2.会員数:     102人
                    3.団体代表者: (役職):会長   (氏名) 樋口一成  
                    4.団体連絡先: (住所)〒839−0862 
                                福岡県久留米市野中町970−1中央図書館気付
                             (TEL)0942-38-7116 (FAX)      
                             (Eメール) (ホームページアドレス)
                    5.事務局(連絡)担当: (役職)     (氏名) 下川和彦  
                              (住所)〒               
                    6.設立の目的: 郷土の歴史、民俗、文化等に関する調査研究及び発表を通じて、郷土を大切にする心を養い、郷土文化の発展に資する。
                    7.設立の経緯: 西暦1971年設立 経済開発による文化的伝統の破滅に対応するため、研究調査活動と保存運動を展開し、住民に豊かな生活環境の確保を図るため、久留米大学玉丸 勇教授を始め、郷土研究家が決起し、設立された。
                    8.活動実績:
                     会の活動  総会1回/年 例会(会員による研究発表)5日/年 
                     見学会は近郊2回/年、遠方1回/年
                    (これまで福知山、京都、北海道、豊後地方、久留米ゆかりの土地を探訪)
                    会報  「郷土久留米」を年3回発行。現在109号。 
                         ページ数 16P〜20p
                    同合本号 第1号〜第3号まで発刊
                    会誌   不定期発行・現在27号
                    その他  「久留米ものしり事典」平成18年を編集
                    9.活動の様子: 
                    久留米郷土研究会
                    | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 13:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | -
                    活動の紹介:筑後川交流ボート振興会
                    0
                      1.団体の名称: 筑後川交流ボート振興会
                      2.会員数: 15名ほど
                      3.団体代表者: (役職)会長  (氏名)津川 正明
                      4.団体連絡先: 住所:〒830-0042 久留米市荘島町11−1
                               TEL:0942-30-9226 FAX:0942-38-2259
                      5.事務局担当: 坂田 健一    住所等は上記のとおり
                      6.設立の目的:
                      筑後川及び近隣地域の川、湖、海などの水辺において、交流ボート(Eボート)を活用した各種交流事業を実施することにより、「水辺の365日」を意識しつつ、流域交流と連携を促進し、健康で豊か な生活が楽しめる地域づくりに貢献することを目的に設立。
                      【参考】“Eボート”とは、子どもから高齢者までだれでもが簡単に操作で きる組み立て式の10人乗り手漕ぎボートで、人々が川に集まり、ともに汗 を流すことをきっかけに流域交流を図り、エコライフを大いに楽しんでい ただくために有効活用されています。
                      7.設立の経緯:
                      西暦2002年設立 
                      以前より交流ボートの振興を目的として活動していたが、組織として本会を発足することで、活動をより活発化するために設立した。
                      8.活動実績:
                      平成20年で第12回の開催となった『筑後川Eボートフェスティバル』の運営に中核となって参画。また、九州各地のEボート大会に交流ならびに運営補助を目的として参加。
                      【例年参加している主な大会等】 
                      山口県宇部市 小野湖交流ボート大会 
                      大分県日田市 みくま川交流ボート大会 
                      熊本県山鹿市 菊池川交流ボート大会
                      【筑後川Eボートフェスティバルとは】 
                      例年9月第1週の日曜日に開催されているEボートを活用した競漕大会。平成20年度で第12回を数える。平成21年度は、9月6日(日)に開催予定。
                      9.活動の様子:
                      開会式
                      Eボート振興会、開会式
                      Eボート振興会、アップ
                      Eボート振興会、京町
                      Eボート振興会、金太郎
                      | tikugogawa | 筑後川中流域の活動団体の紹介 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      このページの先頭へ